一人暮らしの家賃の決め方はどうすればいいの?

収入の30%が目安と言われています。が、実際は30%を越えても生活は出来ます。自分の小遣いが減っていくだけの話です。

一人暮らしの家賃を収入の○%にするなんて考えてしまうから、悩んでしまうんです。しかも収入の30%以内にしたって、浪費癖があったらまったく意味ないですし、、

そんな方法より毎月自分の自由に使えるお金がいくらほしいか、この額を決めて残りの金額から決めれば簡単で間違いがありません。

一人暮らしの家賃設定から先にしてしまうと、「あ〜、小遣いがこれしかない」って事になっちゃいます。この状態で引越ても小遣いの不満がでてきて、もっと安い部屋を求めてまた部屋探し、なんて事になりかねません。

一番大事なのは自分がどういう生活スタイルにしたいのか、これしかありません。これをよく考えなければ、失敗してしまいます。

たとえ自分で自由に出来るお金が減っても、駅から近いとか、設備がものすごく充実してるとか、カッコイイマンションに住んで自慢したいとか、そういう生活スタイルに合わせるのが正解です!

ですが、これだけは絶対に覚えていてくださいね。
収入が減っても、家賃は下がりません(固定費です)。さらに光熱費も下がりません(節約すれば下がりますが、基本料金以下は無理)。

この事を頭に入れてから、一人暮らしの家賃の設定をして下さい。

振り込み手数料分を安くするには、ネット系銀行を使います。
他銀行への振り込み手数料の比較してみると、
・イーバンク銀行   3万未満:160  3万以上:250
・みずほ銀行
(キャッシュカード)3万未満:210  3万以上:420
(現金)      3万未満:420  3万以上:630
(ネットバンキング)同行同一支店間は無料

年間に直すと結構な節約になるので活用しましょう。