一人暮らしの費用はどのぐらい必要?

部屋探しに関わる一人暮らしの費用をざっと計算してみましょう。
それぞれの言葉の意味は、後で詳しくお話するのでここでは省きます。

※金額の計算は、全て1ヶ月分の家賃で計算します。
 共益費・管理費は含まない。
敷金     1〜3か月分
礼金     0〜2か月分
仲介手数料  1ヶ月分、半月分の会社もある
日割り家賃  契約月の月末までの家賃
前家賃    月の半ば頃の契約だと、翌月の家賃も契約時に払う
保険料    1万〜2万円程度

一人暮らしの費用のモデルケース

一人暮らしの費用のモデルケースとして、
例えば家賃6万として
・敷金1ヶ月
・礼金2ヶ月
・仲介手数料1か月分
・前家賃1か月分
・日割り家賃15日分(30日計算で)
・保険料1万5千で
合計34.5万円。

ざっと見積もっても、一人暮らしの費用はこの程度かかります。

礼金は少なくなってきてるので、1ヶ月分かゼロ計算でも構いません。

これプラス、物件・不動産会社によっては
鍵交換代    1万〜2万円程度
消毒代     5千〜1万5千円程度
が、付いてくることもあります。任意の場合もあれば、なかば強制の場合もあります。

なんでしょうね消毒代って?あれは、、、これ以上はやめときます、怒られますので。

ただし、ここで追加しておくべき、一人暮らしの費用があります

それは、これから先の生活費です。

契約するだけで貯金が底をついてしまえば、翌月から苦しくなるので、一人暮らしの費用として、最低でも2ヶ月分くらいはほしいところ。

これで一人暮らしの費用の、目安はついたかと思います。ざっと見積もった金額からどれだけ安く出来るかってところが、借りるあなたの腕の見せ所です。

その部分の話を聞かせろ?

焦らずに、焦らずに、家賃交渉の話もちゃんと詳しくしますので。
一人暮らしの費用と合わせて、公共料金をカードで払う?も参考に