一人暮らしの生活費は、どのぐらい必要?

一人暮らしの生活費がどの位かかるか、初めての方は気になりますよね。

そこで参考までに、一人暮らしの生活費を算出してみますので、自分の望む生活スタイルをイメージして下さい。

家賃 5〜7万前後(ある程度幅をもたせておきます)
電気 3000〜4000(エアコンを多く使う時期は10,000前後)
ガス 3000〜5000(都市ガスよりプロパンの方が高め。
          オール電化の場合は」ガス代が0)
水道 3000〜4000(自治体により安かったり高かったりするので、
          金額に大きな差がでます)
食費 2万前後
雑費 数万〜   ここが一番大きく差が出るところでしょう
         (携帯電話、プロバイダ料、スカパー等有料放送、
          生活必需品、お小遣い等)

上記に挙げた一人暮らしの生活費の目安ですが、初めのうちは計画通りに上手くはいかないと思います。

なので、計画よりも多めに見積もっておいた方が、あとあと困る事がないはずです。

一人暮らしの生活費では、電気・ガス・水道代を全部で1万円以内程度に抑えるのがベストでしょう。それほど無理して抑えなくても大丈夫なはずです。

一人暮らしの生活費に関連して、公共料金をカードで払う?も参考に

一人暮らしの生活費・食費編

食費も自炊なのか、そうでないのかで大きく差が出ます。

ただし自炊は、慣れてないと高くついてしまうので注意しましょう。材料費だけでなく、ガス代や電気代もトータルで考えないといけません。

一人暮らしの生活費の注意点

忘れられがちなのが住民税です。

会社員で給料から天引きされていれば問題ないですが、給料から天引きされずに自分で払うパターンもあるので、それに気付かずに浮かれていると痛い思いをします。

一人暮らしの生活費を節約する方法

色々と我慢したり代用したりで、一人暮らしの生活費を調節するのもいいですが、なぜ最初の段階で固定費である、家賃を交渉しないのか分かりません

節約は永続的に取り組む努力がいりますが、家賃交渉は最初の1回だけですし、なおかつタダで出来ます

一人暮らしの生活費の中で、大きなウェイトを占める家賃、ここを抑えるのが最も効率の良い節約です。