引越し料金を安く抑える方法

安く抑える為の裏技は、非常に簡単です。

一括サイトを使って、見積もりを取る事!

なんだそんな事かと、思わないでください。ちゃんとカラクリを説明します。

一括見積もりサイトは、提携している引越業者に違いが有ります。

ここを思い切り利用して、安く抑える事が可能なんです!

どういう事かというと、引越料金は距離と、作業員の人数でほぼ決まります。

これにプラスして、「日程」で割引率に大きな変化が起こります。

大手以外の、中堅から地域密着の業者は、この日程に空きが出る事は、会社経営として死活問題になりますよね?

つまり、大幅に値下げをしても、赤字にならなければ、仕事を取りたいんです。

さらに、特定のエリアに強い会社があるので、大手以外の地域密着も見つけられる、一括見積もりを使うのがベスト。

そして、一括サイトは提携してる会社に違いがあるので、見積もりを取って比べましょう。サイト毎に、オリジナルの特典があるからです。

見積もりは無料なので運賃は浮かせて別の事に、お金を使いましょう。ほんの少しの手間を惜しまず、浮いたお金を有意義に使いましょう。

この2社は必須

引越達人セレクト引越し料金が最大55%OFF

HOME’S引越し引越し料金が最大50%OFF

業者を使うメリット

業者を使う最大のメリットは、
建物に傷をつけた時に引越業者に責任を取ってもらう 』です。

建物に傷なんてつけないよ!と思うかも知れませんが、例えばエレベーターの操作パネルを壊したりしたら、修理費いくらかかると思います?

恐ろしくて金額は言えません、、 おそらく真っ青になります。

当日までにしておく事

当日までにしておく、重要な事は3つです。

最寄の区役所(出張所も可)か市町村役場で、転出届けを出します
 そして、転出証明書を交付してもらい、新居に住み始めた日から
 14日以内
に、新しい住所の市区町村役場に提出する。
 ※同じ市区町村への引越しは、変更の届出だけで済みます。

転出証明の交付を受けたら、印鑑登録(届出をしてる方)の廃止
 届け
を出します。転入の手続きと一緒に、新しい住所の役場で登録
 し直して下さい。

■郵便局で転居通知を出して、1年間自動で新住所へ郵便物を転送
 してもらう。